編集部おすすめ現金化業者

タイムリー

即日対応!業界NO.1
タイムリー公式はこちら
クレジットカード以外は使用不可
簡単!早い!高換金率!
\おすすめ現金化業者TOP3/
ブリッジ 審査不要
即日振込
最短5分 詳細を見る
タイムリー 最短5分の超スピード対応
年中無休
総合第1位 詳細を見る
いますぐクレジット" 最大99.5%
カード事故0
最短3分 詳細を見る
※クレジットカード以外のご利用はできません
カードが利用停止

クレジットカード現金化はカード会社に疑われないの?という疑問をお持ちの方向けに、こちらの記事では主に、

といった内容で、詳しく解説していきます。

「クレジットカード現金化をするとカード会社から疑われるって本当?」
「カード会社から現金化を疑われたらどうしたらいいの?」
「クレジットカード現金化を疑われたら必ず利用停止になるの?」

やむを得ない事情があって、自分でクレジットカード現金化をしたり、クレジットカード現金化業者を利用した人にはこのような不安がつきまとうことがよくあります。

確かに、クレジットカード現金化はカード会社に疑われることもありバレてしまう可能性はゼロではありません。

しかし、疑われやすい行動や原因を把握し、疑われた場合の対処法を頭に入れてもしもの時のための言い訳を用意しておけば、万が一疑われたとしてもバレずに切り抜けることは十分可能です。
メディア編集部
この記事では、不安を解消して安全にクレジットカード現金化をするために役立つ情報を紹介します。
目次

クレジットカード現金化が疑われる3つの行動・原因

普通にクレジットカードをショッピングで利用しているだけであれば、カード会社から現金化目的での利用を疑われることはありません。

現金化を疑われる場合、普通とは違ういくつかの特徴的な行動をしている可能性があります。

ここでは、クレジットカード現金化を疑われる代表的な行動や原因を3つ紹介します。

それぞれ、見ていきましょう。

換金性の高い商品を繰り返し購入している

自分でクレジットカード現金化を行う際には、ブランド品や入手困難なゲーム機、新幹線回数券などの金券を購入することが多いです。

もちろん、自分で使用する目的でこれらの商品を購入することは珍しくありません。

しかし、このような商品は自分で使用する目的ではひと月のうちに何度も繰り返し購入することは普通はありません。

メディア編集部
明らかに自分用のためではなく、転売目的で購入していると判断されてしまう可能性があります。

換金性の高い商品を高額で購入している

これまでは普通の買い物で時々クレジットカードを使用するくらいだったのに、急に高額のブランド品や宝飾品、あるいは高額の新幹線回数券や商品券を購入すると、カード会社からの調査が入る可能性があります。

これは、カードの名義人本人がクレジットカード現金化を行っている可能性を疑われているだけではなく、換金性の高い高額の商品ということから何者かがクレジットカードを不正利用しているのではないか、という危険性があるからです。

もちろん、自分で購入したからといって現金化をしたと決めつけられるようなことはないので、もしカード会社から連絡が来た場合はたとえ本当に現金化を目的としていても、たまたま使う用事があったから購入したと説明してください。

メディア編集部
ただし、繰り返し購入していると言い訳が難しくなるので、現金化を目的とした高額商品の購入は頻度に気をつけましょう。

クレジットカードの請求日に支払いが遅れることが多い

クレジットカードの請求日にうっかり口座にお金を用意しておくのを忘れた、という経験がある人は少なくないでしょう。

一度のミスくらいであれば、最初の督促状が届いてすぐに支払いを行えばカード会社から調査が入ることはまずありません。

しかし、毎月のようにクレジットカードの支払いが遅れていて、しかも利用明細が現金化を疑われるような内容であったり、高額の請求となっている場合は怪しまれやすくなります。

そもそも、毎月の支払い期日に返済するというクレジットカードを利用する上で当たり前のことができていない人はカード会社からの信用も失いやすく、平気で規約違反となる行為をするのではないかと疑われやすいです。

督促の際にカードの利用状況に関して聞き取りが行われる可能性もあり、クレジットカード現金化を行ったという事実が発覚するリスクが高くなります。

現金化が疑われる?バレる?カード会社が現金化利用を調べる方法

クレジットカード現金化をするとカード会社の調査が入る、バレて利用停止になる、という噂はよく耳にします。

しかし、実際にはもちろんカード会社の人間が莫大な数の利用者の利用明細に全て目を通しているわけではありません。

むしろ、そんなことができるわけはないので結局クレジットカード現金化をしてもバレるわけがない、と楽観的に考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし、実はカード会社には簡単に怪しい人物を発見する方法があるのです。

カード会社には、不正利用感知システムというものが導入されています。このシステムにより、普段とは明らかに違うパターンのカード利用があった場合にカードにロックをかけることができます。

これは現金化の利用を発見するためというよりも、盗難や不正にカード情報を得た人物による悪用を速やかに発見する目的があります。

メディア編集部
結果的に不正利用があったわけではないとしても、それをきっかけに調査が行われて現金化がバレてしまう可能性もあります。

もしクレジットカード現金化がバレた場合、どうなるのか?

クレジットカード現金化がバレたら具体的にどのようなことが起こるのかは、現金化をした人にとってはかなり気になることといえるでしょう。

クレジットカード現金化をしたことが何らかのきっかけによりカード会社にバレてしまった場合、まずはクレジットカードから連絡が来ることが多いです。

そして規約違反となる禁止行為をしたことにより、カードの利用が停止されます。これは現金化以外にも、支払いの滞納をした時などにも一時的に行われる措置なので、カードが使えなくなっだからといって必ずしも現金化をしたことがバレたとは限りません。

現金化をしたことがバレて、悪質だと判断された場合にはカードが一時的な利用停止になるのではなく強制退会となることもあります。

そうなると、これから支払うはずだった分割払いややリボ払いなどの残高も一括請求されることになります。

メディア編集部
金額的に高額で支払うことが一括で困難だとしても、規約違反のペナルティなので従うしかありません。

もちろんその後は同じカード会社では新たにクレジットカードを発行することはできません。

それだけでなく信用情報に確実に傷がつくので、一定の年数を経過しなければ他のカード会社でもクレジットカードを発行したりローンを組むことができなくなります。

クレジットカード現金化が疑われた場合の対処法3つ

もしカード会社からクレジットカード現金化を疑われた場合も、ペナルティを受けずに切り抜けるための方法はあります。

ここでは、カード会社から現金化目的を疑われて連絡が来た際の対処法についてアドバイスします。以下にまとめました。

1つずつ、解説していきます。

カード会社からの電話にはすぐに対応する

現金化をしたことがバレた可能性が高いからといって、カード会社から電話が来ても逃げ回っていては、身に覚えがあるのだと判断されてしまいます。

カード会社からもし電話がか買ってきた場合は、仕事中などでどうしても手が離せない場合でない限りはなるべく早めに出て対応するようにしましょう。

メディア編集部
内心後ろめたいことはあったとしても、堂々と丁寧に対応することでカード会社の疑惑を晴らすことができます。(実際には現金化をしていてもです。)

利用目的についてすぐに答えられるようにしておく

クレジットカード現金化を疑われた場合、利用目的についてカード会社の人から尋ねられることがあります。

購入した商品について質問された場合、よく覚えていないなどの理由でもすぐに返答ができずにしどろもどろな状態になってしまうと、答えられないような目的でカード利用をしたのだとますます疑われてしまいます。

このようなことを避けるため、カード会社から電話連絡が来た場合は手元に利用明細を用意したりアプリの画面を開ける状態にして、細かい質問をされてもしっかり答えることができるようにしておきましょう。

現金化目的でカード利用をしたことは絶対に言わないようにする

もし、自分で現金化目的で換金性の高い商品を購入し転売や売却をしたとしても、正直に「現金化目的で購入した」という事実は絶対に明かしてはいけません。

クレジットカードで購入した商品がすぐに不要になってやむを得ず売却することは決して珍しいことではありませんし、現金化目的で購入したわけではないと断言しましょう。

ついうっかり本当のことを伝えとしまうと、禁止行為をしたことを認めたことになり、カード利用停止になってしまう可能性が高いです。

メディア編集部
たとえ身に覚えがあったとしても、現金化について問われてもはっきりと否定し、間違っても自分から明かすようなことはないようにしてください。

それでもクレジットカード現金化が疑われた場合のおすすめ言い訳3選

クレジットカード現金化を疑われてカード会社から購入品の利用目的を問われた場合、事前にいくつかの言い訳を用意しておくと安心です。

ここでは、カード会社に納得してもらえるようなおすすめの言い訳の例を3パターン紹介します。

プレゼント目的で購入した

まずは、これが使いやすいパターンです。普段と違う高額のブランド品を購入した場合には、「プレゼントのために購入した」と言うと説得力があります。

また、同じものを複数購入して怪しまれた場合も、「友達にプレゼントをしたら自分も欲しくなって購入した」「周りの人たちも欲しがっていたので買ってあげた」などと説明すると良いでしょう。

商品券の購入で怪しまれた場合も、「お世話になった人へのプレゼントとして購入した」「内祝いでたくさんの人にプレゼントするために購入した」という言い訳がおすすめです。

自分で使うリアルな目的を主張する

たとえば、急に大量の新幹線回数券を購入して怪しまれた場合は、「遠距離恋愛の恋人に会いに行くため」「単身赴任の夫に定期的に会いに行きたいから」「実家の両親にまめに会いに行こうと思った」などちゃんと利用目的があることを伝えましょう。

ブランド品や宝飾品の購入も、「前から欲しかったものなのでお金を貯めて一気に買ってしまった」など現金化を目的としていたことは、きっぱり否定すれば大丈夫です。

家電であれば、「使っていたものが急に壊れた」「一人暮らしの子供用に購入した」などと伝えれば問題ありません。

クレジットカード現金化業者は通販サイトということにする

クレジットカード現金化業者を利用してカード会社にバレる可能性は、自分で現金化した場合と比べるとかなり低いです。

運営実績が長いクレジットカード現金化業者は、カード会社にバレないような対策をしっかり行っているからです。

しかし、それでもカード会社から疑われてしまう可能性はゼロではありません。もし、クレジットカード現金化業者で商品を購入した分の明細について詳細を問われた場合は、「通販サイトでショッピングをした」と答えましょう。

クレジットカード現金化業者は、指定した商品を指定したオンライン上のページで購入するように指示します。つまり、通販サイトでショッピングをしたという事実に嘘はないのです。

メディア編集部
後からもしクレジットカード現金化業者を利用したことがバレたとしても、嘘を言ったことにはならないので悪質な行為とはなりません。

現金化 疑われたに関するQ&A

クレジットカード現金化を疑われた場合に関する、よくある質問と回答をまとめました。

一通り目を通して、参考にしてみてください。

現金化がバレたらカードの利用停止になりますか?
現金化をしたという事実を認めたり、証拠があれば規約違反となりカードが利用停止になる可能性は高いです。
クレジットカード現金化は不正利用と判断されますか?
はい、カード会社の規約で禁止されているので、発覚した場合には不正な目的で利用したと判断されてしまいます。 ただし、カード会社に現金化目的ではないという納得のいくような説明ができれば問題ありません。
クレジットカードが急に使えなくなりました。現金化をしたことがバレたのでしょうか?
そうとは限りません。請求日に返済金額が引き落とされなかった場合や、カードの利用限度額を超えてしまった場合には一時的に利用停止になる場合があります。 まずは心当たりがないか確認してみてください。
クレジットカード現金化業者を利用するとカード会社にバレますか?
信頼できる現金化業者を利用すれば、自分で現金化をするよりはバレる可能性は極めて低いです。 不安な場合は利用する現金化業者にあらかじめ問い合わせて相談してみると安心です。
クレジットカード現金化がバレたら警察に捕まりますか?
クレジットカード現金化は違法ではないので、警察に捕まることはありません。 カードが利用停止になると信用情報に傷はつきますが、前科がつくことはありません。
クレジットカード現金化が疑われた時点でカードが止められてしまうのですか?
疑われただけでクレジットカードが使えなくなることはありません。 まずは、カード会社から連絡が来るはずです。その際に現金化目的ではないかと疑われた場合には、しっかりと否定し納得できるような説明をしましょう。
クレジットカード現金化を疑われましたがなんとか乗り切りました。もう現金化はしない方がいいですか?
しばらく換金性の高い高額商品や金券の購入、クレジットカード現金化業者の理由は避けることをおすすめします。 もちろん、正当な理由があれば疑われた際も主張できるので、高額の商品を購入しても問題はありません。

クレジットカード現金化で疑われた場合の対処法・言い訳まとめ

もしもクレジットカード現金化をカード会社から疑われたら、「現金化がバレてしまったから利用停止になってしまう」と絶望的になってしまう人もいるでしょう。

しかし、本来なんの心当たりのない人でも現金化を疑われて調査が行われるケースもありえます。
疑われたからといってすぐに強制退会や利用停止になることはないので安心してください。

そして、カード会社は現金化したことを突き止める目的だけではなく、利用者に被害のないように不正利用を防ぐために調査や連絡を行うこともあります。

もし、自分で購入した商品を現金化した場合も現金化する目的で購入したわけではないとはっきりと伝えれば納得してもらうことができます。

クレジットカード現金化業者を利用した場合も、オンラインでショッピングをしたと主張すれば問題ありません。

クレジットカード現金化を疑われてあたふたしてしまうのは、対処法や言い訳を頭に入れていないからです。

不安なくクレジットカード現金化をしたい人は、この記事で読んだ内容をしっかり頭に入れた上で行動しましょう。

事前に対策をしておけば、万が一の時にもちゃんと切り抜けることができるので安心してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事の執筆者

橘 かりんのアバター 橘 かりん メディア編集部

「クレジットカード現金化ホントの話」のメディア編集部、橘かりんです。ホントの話ではこれまで様々な現金化を実際に経験してきました。クレカ現金化のことなら全て知っているので、騙されたくないあなたに最新で嘘のないのホントの話を発信していきます。

おすすめクレジットカード現金化業者

最大換金率99.5%
GENKINKA ITORI
無料見積もりはこちら
※クレジットカード以外使用不可
目次