編集部おすすめ現金化業者

タイムリー

即日対応!業界NO.1
タイムリー公式はこちら
クレジットカード以外は使用不可
簡単!早い!高換金率!
\おすすめ現金化業者TOP3/
ブリッジ 審査不要
即日振込
最短5分 詳細を見る
タイムリー 最短5分の超スピード対応
年中無休
総合第1位 詳細を見る
いますぐクレジット" 最大99.5%
カード事故0
最短3分 詳細を見る
※クレジットカード以外のご利用はできません
現金化の方法
クレジットカード現金化にはどんな現金化の方法があるの?
自分に向いている現金化の方法が知りたい!

現金化といえば、クレジットカード現金化を思い浮かべるかたも多いですよね。

しかし、現金化と言ってもクレジットカード現金化だけでなく、実は今手元にあるもので現金化する方法もたくさんあります。

メディア編集部
そこで、こちらの記事では、クレジットカード現金化だけでなく、クレジットカードを使わずに手元にあるものを使って現金化する方法を解説します。
簡単!早い!高換金率!
\おすすめ現金化業者TOP3/
ブリッジ 審査不要
即日振込
最短5分 詳細を見る
タイムリー 最短5分の超スピード対応
年中無休
総合第1位 詳細を見る
いますぐクレジット" 最大99.5%
カード事故0
最短3分 詳細を見る
※クレジットカード以外のご利用はできません
目次

現金化の方法

冒頭でも触れたように、現金化といえばクレジットカード現金化をイメージしがちですが、クレジットカード現金化以外にも様々な現金化の方法があります。

メディア編集部
では、クレジットカード現金化を含め、その他のモノを利用した現金化の方法についてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

クレジットカードを現金化する

クレジットカードを現金化する
何と言っても、現金化を代表する方法がクレジットカード現金化。

クレジットカードで購入した商品を現金化業者で販売するといった仕組みですが、実店舗で現金化することは非常に危険。
なぜなら、カード会社に現金化したことがバレやすいからです。

そこで、最近よく利用されている方法が、インターネットのみで運営しているネット現金化業者を利用すること。
実店舗での現金化は、新幹線の回数券やブランド物のアイテムといった換金率の高い商品をクレジットカードで購入して、実店舗で買い取ってもらうため、カードに履歴が残り、カード会社が現金化を疑いやすくなります。

しかし、現金化業者を利用すると、換金性の低い商品(パワーストーンなど)を決まったサイトから購入して現金化するだけなので、時間も手間も惜しめるだけでなく、換金率も安全性も高いです。

安全性の高いおすすめ現金化業者
  • タイムリー
  • ブリッジ
  • いいねクレジット
メディア編集部
クレジットカードを業者を使わないで行う方法は「業者を使わないクレジットカード現金化の裏ワザ!自分で出来るおすすめ方法」で解説しています。

換金率の高い商品を買って転売する

換金率の高い商品を買って転売する
たとえば、大人気のブランドのアイテムや一般的に換金性の高いギフトカード、ゲーム機本体といった商品を購入して転売する現金化の方法もあります。

ただし、日本で転売は禁止されている行為です。

ちなみに、アメリカのように転売が違法ではない国もあるので、英語や外国語が得意なら海外のサイトを利用する手もあります。場合によっては、日本よりも高い金額で現金化することも可能ですよ。

紹介したような換金性の高い商品をメルカリやラクマといったフリマアプリに出品して転売すれば、売上が現金で入ってきます。
かなりレアな商品であれば、元値よりも高い値段で現金化することも可能です。

メディア編集部
しかし、フリマアプリを使った場合、即日現金化はできないので、今すぐ現金が欲しいかたには向いていません。

商品の返品で現金化する

商品の返品で現金化する
商品の返品で現金化する方法は、クレジットカードで適当な商品を購入して返品するといった方法です。
つまり、換金性の高い商品を購入する必要はなく、単純に商品をクレジットカードで購入して「気に入らなかった」といった理由で返品するだけでOK。

ただし、この方法を何度も同じ店で行うことはできても、カード会社に現金化のための返品だと思われやすくなるのでおすすめしません。

また、ほとんどのお店においてクレジットカードで購入した商品の返品時には、支払いの際に利用したクレジットカードへ返金されるケースがほとんど。
そのため、事前に現金化できるかを調査せずに利用すると現金化が失敗に終わることがあるので、気をつけましょう。

メディア編集部
もし、商品の返品で現金化したいなら、事前に、確実に現金で返金されるお店かをレビューサイトや友人の体験談などでチェックすることをおすすめします。

信販系ギフト券を現金化する

信販系ギフト券を現金化する
信販系ギフト券を利用した現金化は、以前からよく行われている現金化の方法のひとつ。

信販系ギフト券とは、各カード会社が発行するギフト券で、全国のデパートやショッピングモール・大手スーパー・レジャー施設といった場所で取り扱っています。
自分自身では購入したことがなくても、誰かからお祝いやお礼にもらったことがあるかたも多いでしょう。
そんな信販系ギフト券は街の金券ショップに持って行けば券面額の90%前後の換金率で買い取ってもらうことが可能です。

メディア編集部
自分自身で信販系ギフト券をクレジットカードで購入して現金化する場合は要注意。

なぜなら、VISAのギフト券は、支払い時にVISAカード全般(銀行やショップで発行されるカードも含む)の利用が可能ですが、JCBとなると、JCBが発行したカードしか対応しないといったちょっとした問題があるからです。

また、クレジットカードで購入した信販系ギフト券を金券ショップで売ると、クレジットカード現金化したことがカード会社にバレやすくなる点も注意しなければなりません。

電子ギフト券を現金化する

電子ギフト券を現金化する
最近では何もかもデジタル化されていますが、ショッピングの支払いもそのひとつですよね。
たとえば、Amazonギフト券やiTunesカード、ナナコカードといったものがあります。
いずれもクレジットカードで購入、もしくはチャージすることができ、これらを買い取ってくれる買取サイトを利用すれば現金化は可能です。

もちろん、買取サイトを利用せずとも、家族や友人に買い取ってもらえば買取率は高くなり安全度も増しますが、なかなか買い取りたいと思う人に出会えないのがデメリット。
優良買取サイトを利用すると、(カード会社にバレにくいという)安全性はもちろん高いですし、即日現金化が可能です。

人気の買取サイト
  • 買取将軍
  • 買取ヤイバ
  • アマトレード
メディア編集部
また、金券ショップでの現金化を考えるかたもいますが、電子ギフト券の現金化、とくにAmazonギフト券においてはほとんど行っていないだけでなく、行っていても換金率が非常に悪いためおすすめできません。

金券を現金化する

金券を現金化する
金券といっても、様々な種類の金券がありますよね。

たとえば、代表的なところで言えば、デパートや百貨店の商品券、お米券にビール券、旅行(宿泊)券、アーティストのライブチケットやテーマパークの入場券といった感じで、数えきれないほどの金券が世の中には出回っています。
有名な商品券やチケットであれば、買取相場が決まっているので、店頭に持ち込めば5~10分程度で現金化が可能です。

こういった金券をクレジットカードで購入して金券ショップに買取してもらうといった、要は原始的な方法が
金券を現金化する方法です。
換金率は90%前後と高いこともうれしいですよね。

しかし、金券の種類によってはクレジットカードで購入できない商品も多いだけでなく、クレジットカードで購入できたとしても、何度も現金化するとカード会社から怪しまれやすくなり、カードが利用停止となりやすくなりますので、十分に注意しなければなりません。

メディア編集部
一度だけの利用ならほぼ問題ありませんが、何度も行う現金化の方法としては、金券の現金化はおすすめできない方法です。

電子マネーを現金化する

電子マネーを現金化する
20年ほど前から、日本では電子マネーがよく利用されるようになってきましたよね。
たとえば、SuicaやPASMOをはじめ、楽天Edy、Paypay、LINE Payといった感じで、様々な電子マネーが出てきます。

しかし、電子マネーを現金化する方法は、電子マネーによってそれぞれ。
銀行口座へ払い戻し(現金化)する方法であれば、Pay PayやLINE Payといった方法が利用できるのですが、Pay Payであれば、Pay Pay画面右下の「残高」クリックをし、「出勤」をクリックすると本人確認となるので、本人確認をしたら必要な情報を入力して本人確認画問題なければ、再び残高画面で「出金」クリックします。
登録済みの銀行口座を選択し、出金額を入力して「出金する」をクリックすればOKです。

他にも、SuicaやPASMOをクレジットカードでチャージして、SuicaやPASMOで支払ったものを返品して現金で返金してもらう方法があります。

メディア編集部
ただし、何度も同じ店舗でできる現金化の方法ではないので、注意しましょう。

仮想通貨を現金化する

仮想通貨を現金化する
昨今話題となっている仮想通貨も、じつは現金化ができるアイテムです。

ただし、現金化できる仮想通貨は主にビットコインのみ。
そんなビットコインを使った現金化の方法は以下の3つです。

  1. 仮想通貨販売所で換金する
  2. 仮想通貨取引所で換金する
  3. ビットコインATMで換金する

販売所で換金する場合、取引相手は販売所となり、取引価格は販売所が提示する価格です。
販売所の提示価格でOKなら、そちらで希望の通貨量の売買注文を成立させられます。
基本的に、即注文が成立するため、初心者でも簡単にビットコインを現金化が可能です。

また、利用者同士で取引をする場所である仮想通貨取引所は、仮想通貨を保有する人から購入したり売ったりする場所で、業者はその場所。
取引価格が指値に届けば取引は成立、換金できます。

メディア編集部
そして、ビットコインATMで換金する方法ですが、世界中にビットコインATMはあり、出かけた先にあったATMで換金(現金化)することも可能です。

新幹線の回数券を現金化する

新幹線の回数券を現金化する
新幹線の回数券をクレジットカードで購入して金券ショップに売る。
これは以前から行われている現金化の方法で、路線によっては、換金率が90~95%と非常に高いことも特徴となっています。

利用の流れは、みどりの窓口や、クレジットカードが利用できるJRの券売機で新幹線の回数権を購入し、金券ショップに売るだけ。

ただし、新幹線の回数券はクレジットカード現金化の王道。
そのため、一度だけ新幹線の回数券を購入するなら問題が起こることはほぼありませんが、複数回、しかも間をあけずに立て続けに購入した場合、もしくは一人の人が明らかに使えないような回数券を一度に購入した場合は要注意です。

クレジットカードは一時的に利用停止となり、カード会社から何のために新幹線の回数券を購入したのか聞かれることとなるでしょう。

メディア編集部
新幹線の回数券を使った現金化を行う際には、一度購入した後、しばらく経ってから次の回数券を買うことでカード会社へバレることを防ぐことができます。

お酒を現金化する

お酒を現金化する
お酒をクレジットカードで購入して現金化することも可能です。

ただし、普通のお酒ではなく、ワインやレアな日本酒といった高価なお酒を購入することがポイントですよ。

では、どこでお酒を現金化するのかというと、大黒屋のような買取業者に買取を依頼します。
買取店舗の近くのお店で高級なお酒を購入して、買取店舗へ商品を持って行くだけでOK。

しかし、単純に高いお酒を選べばよいというものではありません。
ちゃんと需要があるお酒であることはもちろん、箱やボトルの状態が良い状態であるほど買取額はアップします。

また、ワインのように、年代によって大きく値段が異なるお酒もあるので、どの年代のものがより高額で買い取ってもらえるのかを事前にチェックすることを忘れないようにしましょう。

もちろん、自宅にレアなお酒がある人は、そのお酒を買取業者に持って行って現金化するのもOK。

メディア編集部
簡単に即日現金化できる方法でもあるので、おすすめです。

高級家電を現金化する

高級家電を現金化する
家電大国ともいえる日本には、多くの家電が存在し、リーズナブルなものから高級家電と呼ばれる類の家電までバリエーション豊かな家電がそろっていますよね。

そんな家電の中でも高級家電は現金化によく利用されるアイテムのひとつです。
しかも、高級家電のクレジットカード現金化はリスクが少なく、買取率も高い、むしろ、購入額よりも高い買取率になることもある方法でもあります。
とはいえ、何度も利用していたらカード会社からマークされやすくなるので注意しなければなりません。

購入額よりも高い買取率にするには、プレミアがつくような商品をうまく見つけ出すことができればOK!そのためにネットや家電に詳しい知人や友人の意見は要チェックですよ。

購入した高級家電は、買取サイトやリサイクルショップ、オークションといった場所で買取ってもらい、現金化するのが一般的。

ただし、オークションを利用する際には買取サイトやリサイクルショップよりも高値で現金化できますが、落札された際には規定の落札手数料が発生することを考慮しておきましょう。

メディア編集部
落札金額がそのまま入金されるわけではありません。

ゲーム機を現金化する

ゲーム機を現金化する
ゲーム機の現金化もよく行われている方法のひとつで、人気のゲーム機に関しては、メーカー販売額よりも高い買取額になる可能性は高いです。

現代でいうと、任天堂Switchは日本だけでなく世界中で売れている人気のゲーム機ですよね。
とくに、Switch発祥の地である日本はなぜかSwitchが手に入りにくくなっていて(海外では比較的スムーズに手に入る)、プレミア価格がついていることもあります。

そんなゲーム機の買取先は、買取サイトやリサイクルショップ、オークションです。
とくに、中国系の買取ショップは買取率が高いとされています。
しかし、中国系買取ショップの店舗数は少ないので、ゲオのような全国展開している買取業者を利用するのが一般的です。

基本的には店舗での買取が一般的ですが、買取業者によって買取額はピンキリ。
そのため、いくつかのテンポに買取額を聞いて、買取額の高い買取ショップを利用するのが最も利益の上がるやり方です。

メディア編集部
ただし、それには時間と労力がかかり、即日現金化は難しいと言えることも理解しておきましょう。

宝石を現金化する

宝石を現金化する
宝石や貴金属といった効果のものを現金化する方法は、ジュエリーの種類によっては1度の現金化で多額の現金を手にできる可能性も低くありません。

宝石の買取は、オークションサイトやフリマアプリでも行われていますが、品質に自信があるのであれば宝石専門の買取業者を使うのがベスト。
ものによっては100万円以上で買い取ってもらうことも可能です。
とくに、金のようなほとんど価値が衰えないどころか、価値がアップすることも見込みやすいジュエリーは買取率も高く、取り扱う買取業者も少なくありませんよ。

しかし、クレジットカードで宝石を購入する場合、クレジットカードには利用限度額があることを忘れてはいけません。
宝石は安くないので、高い宝石を買って一度で十分な現金化を行いたいならそれなりのカード限度額が必要。

メディア編集部
つまり、クレジットカードのステータスが低いと、宝石での高額現金化はあまり望めません。

ネットオークションで現金化する

ネットオークションで現金化する
ネットオークションは、自分で現金化する方法としてよく知られており、多くの人が利用しています。

自宅に既にある服や靴、バッグといったものから、現金化するためにクレジットカードで新たに購入した商品を出品して現金化することもOK。
利用方法は、クレジットカードで購入した商品をヤフオクのようなネットオークションで売るだけです。

ただし、あまりに高い値段を設定しても落札者は出てきませんし、値段設定が低すぎても「本物なの?」と思われてしまうので、いくつか似たような商品をチェックして、平均的な値段よりも少し安めに設定すると落札者は募り、思ったよりも高い金額で落札されることがあります。

他にも、傷などがある場合は正直に事前報告しておき、閲覧者が多い時間帯を把握して落札最終時間を競争率が激しい時間に設定するなどすることで、より高く現金化することができます。

とくに、アパレル商品は人気。
プレミアのついたバッグや靴なら、リサイクルショップや買取業者を利用するよりも買取率は高いです。

メディア編集部
ただし、即日現金化はできないことも頭に入れておきましょう。

外貨両替で現金化する

外貨両替で現金化する
クレジットカードで外貨が購入できることを知っていましたか。
全国のトラベレックスジャパン株式会社が運営する外貨両替専門店「トラベレックス」の店舗であれば、外貨をクレジットカードで購入することができます。

ちなみに、店舗へ行かずともオンラインでクレジットカード払いができるので、時間に余裕がある人はぜひ利用しましょう。
メディア編集部
クレジットカードで購入した外貨を、どこかの外貨両替所に持っていくだけで日本円が現金で手に入ります。
とくに、円安のときには思っていたよりも現金が手に入る可能性は高いですが、「手数料無料」と掲げる店舗で外貨両替しても、必ず何かしらの手数料はかかるので、店頭表示換金率よりも得る金額は低くなるので注意しましょう。

ブランド品を現金化する

ブランド品を現金化する
高級ブランドアイテムも、新幹線の回数券やギフト券同様、高換金率で知られる現金化でおなじみのアイテムです。

クレジットカードで高級ブランドのバッグや財布、アクセサリーといった商品を購入します。
ただし、新作なら絶対売れると思ってすぐに新作に手を出したり、どんな商品でもあのブランドなら絶対に高く売れると先入観をもって商品選びをするのはタブー。

ブランド商品であっても、エルメスのケリーバッグや次期ケリーバッグと呼ばれるセリーヌのラゲージ、ヴィトンのヴィンテージトランクといった、定評のある商品や、レアな商品を選択することがマストです。
もちろん、商品の状態が良いほど買取額はアップしますが、こういった商品の金額は、ときに家一軒レベルの金額に達することも…。
そのため、ある程度のクレジットカード利用限度が必要です。

購入した商品は、買取業者へ持って行くか、ネットオークションに出品して現金化します。

メディア編集部
商品を購入した際の箱や袋、そしてタグや証明書なども付いていると、より高く購入してもらえる可能性は高いですよ!

SNSで現金化する

SNSで現金化する
今やSNSを利用していない人はいないのではないかというくらい、多くの人がSNSを利用していますよね。
じつは、このSNSを利用して現金化することもできます。

とくに利用者の多いインスタグラムを例に、SNSの現金化を見ていきましょう。

いわゆるインフルエンサーと呼ばれる人たちは、インスタで紹介した商品が売れることでスポンサーがつきやすくなり、商品を紹介するだけで報酬が得られますが、インフルエンサーまでの道のりはそう簡単ではありません。
そこで、一般人ができる方法としてはポイントサイトを経由してインスタの情報をシェアすること。
それだけで報酬が発生します。

たまったポイントは現金化することができるので、必要な時に現金化すればOK。

メディア編集部
ただし、やり方のコツをつかむまで報酬を得ることが難しいので、この方法は安全性は高いものの、工夫と時間を要します。

CDやレコードなどの音楽関連商品を現金化する

CDやレコードを現金化する
CDやレコード、はたまた楽器や音響機器を現金化することも可能です。

音楽関連商品の買取を行っているリサイクルショップや買取業者に持って行く、もしくは出張買取を頼めば現金をゲットできます。

しかし、大量生産されたCDやレコード、それに余り価値のない楽器を売ってもあまり利益を得ることはできません。
より高い換金率を求めるのであれば、商品の状態が整っていることはもちろん、CDやレコードなら初版のものや販売当時についていた帯があると買取率アップが期待できます。

メディア編集部
リサイクルショップよりも音楽専門の買取業者は専門知識があるので、買取率がアップする可能性がありますよ!

リサイクルショップで現金化する

リサイクルショップで現金化する
リサイクルショップで現金化することは、多くの人がやったことがあるはず。

不用になった服や本、ゲームに家具、家電におもちゃといったアイテムをリサイクルショップに持って行く、もしくは出張買取してもらう方法です。

この方法なら、クレジットカードでわざわざ商品を購入する必要がないため、カード規約にも反することは当然ありませんし、家の掃除ができてお小遣い稼ぎもできる一石二鳥の現金化。
思い立ったら近くのリサイクルショップへ商品を持って行けばよいだけなので、利用が簡単といったメリットがありますが、買取率は一般的に低いといったデメリットがあります。

メディア編集部
ただし、未成年者の場合、保護者の同意を得た承諾書を得た上での買取となるので、あらかじめ押さえておきましょう。

古着を現金化する

古着を現金化する
古着を現金化することは、やったことがあるかたも多いでしょう。

家にある不用なアパレル商品をリサイクルショップや古着屋へ持って行くだけです。

しかし、ただ自宅にある不要なファッションアイテムを持って行ってはお金にならない可能性が大。
少しでも現金が欲しいのであれば、プチプラブランドではなく、少しでも値の張るブランドのアイテム且つ、状態もよく、さらに、人気の高いレアな商品であることがポイントです。

適当なブランドと使い果てた状態である服の場合、10着持って行っても1,000円に満たないこともありますが、価値のある商品であれば、たとえ一着でも数千円以上になることがあるので、できる限り価値のある商品を持って行きましょう。

また、全国展開しているチェーン店よりも、個人でやっている古着屋、とくに、都内のオシャレエリアだと、より高く買い取ってもらえるので、ぜひトライしてみましょう。

メディア編集部
いくつかのテンポで買取額だけ聞いて、一番高かった買取額のショップに買い取ってもらうことも可能ですが、買取額は常に変動することも意識しておきましょう!

切手を現金化する

切手を現金化する
切手のコレクターは世界中にたくさんいます。
そんな切手も現金化できるアイテムのひとつ。

よく出回っているような切手では現金化できてもそんなに価値はありません。
しかし、レアなものや記念切手は販売・購入価格よりも高い金額で現金化できる可能性は非常に高いです。
もちろん、状態がよく、レアであるほど買取率はアップします。

切手の現金化は、主に買取業者で行うこともできますし、フリマアプリ、オークションといった場所でもOK。
また、海外の切手を持っていて現金化したいかたも、海外のオークションサイト(eBayなど)を利用して出品が可能です。

メディア編集部
言語が苦手でも翻訳サイトを利用すれば大きな現金をゲットできる可能性もあるかもしれませんよ。

小切手を現金化する

小切手を現金化する
あまり日本では小切手を一般の人が使う文化はありません。
しかし、アメリカや中南米では安全度が高い上に、いちいち金融機関で現金を引き出して現金を用意しておく必要がないなど、手間が省けるといったメリットがあります。

そんな小切手も、当然ながら現金化できるアイテム。
基本的に、小切手の現金化は金融機関の窓口で行います。
券面表面の金額の上に支払金融機関の名称と支店名が書かれており、当該金融機関に持っていき、現金化するのが一般的です。

遠方のかたで、簡単に指定金融機関へ行けない場合は、あなた自身が取引する(口座を所持する)金融機関へ換金依頼することもできます。

メディア編集部
ちなみに、アメリカは、あなた自身がアカウントを持つ金融機関で換金すると、小切手が発行先に関係なく無料で換金ができ、メキシコは小切手と同金融機関なら、支店は関係なく無料で現金化OKです。

Suicaを現金化する

Suicaを現金化する
SuicaやPASMOといった電子(交通)マネーを日頃から利用する人は多いですよね。

そこで、ここではSuicaを使ったいくつかの現金化の方法を紹介していきます。

コンビニで現金化する

モバイルSuicaを使い、コンビニで購入した商品を返品して現金を手に入れる流れを見ていきましょう。

  1. モバイルSuicaで商品を購入する
  2. 購入した商品を店舗へ返品する
  3. 返金してもらい、現金を得る

ただし、商品(とくに食品)の状態によっては返金できないこともありますし、お店側に迷惑がかかってしまうことがデメリットです。

デジタルギフト券を購入して現金化する

Amazonギフト券のようなデジタルギフト券を、コンビニといった販売店でSuicaを使って購入し、

  1. Suicaをオートチャージにする
  2. Suicaでデジタルギフト券を購入する
  3. 購入したデジタルギフト券を買取サイトで売り、現金を得る

既にオートチャージ設定にしている人であれば、Suicaを使うものの、クレジットカードでデジタルギフト券を購入していることと同じなので、クレジットカード現金化になります。
買取サイトを利用する手間はありますが、早ければ15分以内で手続きは終わるので便利です。

ちなみに、モバイルSuicaを使った場合あるので、利用法を見ていきましょう。

  1. Amazonアカウントからギフト券(チャージタイプ)を選択し、支払い方法も選ぶ
  2. Amazonからの購入確認メール内にあるURLを開く
  3. 支払い方法は「モバイルSuica」を選択する
  4. 購入したAmazonギフト券で別のギフト券を購入する
  5. ギフト券を売却し、現金を得る

オートチャージバージョンよりもやや手順は多いですが、クレジットカードがない人でも利用可能な方法です。

メディア編集部
しかし、現金化はAmazonでもカード会社でも規約に反する行為。
現金化がバレた場合、クレジットカードを使用したなら、カード利用停止となりますし、Amazonアカウントも使用できなくなるので注意しましょう。

モバイルSuicaを払い戻し手現金化する

モバイルSuicaを解約すると、残高が払い戻されます。
手順は以下のとおり。

  1. モバイルSuicaを開いて「退会する」を選択する
  2. 払い戻し先を指定する
  3. 「退会する」を選択すれば、払い戻し完了!

解約手続きを行うので、再びSuicaを利用する際には再登録する必要がありますし、さらに、払い戻しには約1か月要し、払戻手数料もかかるため、即日現金化には向いていません。

オートチャージSuicaで商品を購入して返金してもらう

オートチャージSuica利用者は、Suicaで商品を購入して現金化することも可能です。

  1. Suicaで商品を購入する
  2. 購入した商品を店舗へ返却する

たったの2ステップで現金化することはできますが、返金不可のお店ももちろんありますし、返金を現金ではない方で行う業者もあることもあるので、事前に調べておいた方が良いでしょう。

携帯キャリア決済で現金化する

携帯キャリア決済で現金化する
消費者金融でお金を借りたくない、でも、クレジットカードのキャッシング枠も使えないどころか、クレジットカードも持っていないし…といった人も少なくありませんよね。

そんな人にぴったりな現金化が、携帯キャリア決済を利用する方法。

携帯キャリア決済サービス体は、docomoやau、SoftBankといったキャリアがありますが、どの携帯電話を契約していれば誰でも利用することができます。

メディア編集部
契約状況や利用状況、支払い状況に応じて、利用できる限度額は異なるので注意しましょう。

では、肝心な利用の流れを見ていきましょう。

  1. ドコモオンラインショップでiTunesコードを購入する
  2. 購入完了画面にてiTunesコードを取得する
  3. ギフト券買取サイトへiTunesコードを売却する
  4. 現金化完了、現金を得られる
メディア編集部
上記ではdocomoのケースを紹介しましたが、他社での現金化も同じような流れになっていますよ。

ただし、現金化に利用した携帯会社に現金化がバレた場合、ブラックリストに登録されます。
その結果、どの携帯会社とも契約できなくなり、携帯なしの生活が余儀なくされるので気をつけましょう。

PayPay(ペイペイ)の残高を現金化する

PayPay(ペイペイ)の残高を現金化する
最近よく利用されている支払い方法がPayPay。
そんなPayPayの残高にはいくつかありますが、正規の方法で現金化できる方法は、「PayPayマネー」の残高だけです。

メディア編集部
PayPay の残高を現金化する方法としては、以下のような流れになっています。
  1. PayPayアプリ下部にある「残高」をタップする
  2. 残高画面の「出金」をタップする
  3. 登録済み口座がある際は、希望の口座を選択する
  4. 出金希望額を入力し、「出金する」をタップする
  5. 手続が完了後、振り込み予定日が出てくる

既にユーザーが2,000万人以上を超えるPayPayですから、現金化もスピーディーになっています。

メディア編集部
また、ジャパンネット銀行以外で現金化する際には、然るべき手数料が発生することも押さえておきましょう。

バンドルカードを現金化する

バンドルカードを現金化する
バンドルカードとは、プリペイドカードの一種で、カードにお金をチャージしてからショッピングなどに利用します。
「プリペイドカードなら現金で支払わなければいけないのでは?」といった疑問がわきますよね。

ところが、バンドルカードには、主に先払いと後払いがあり、後払いにはクレジットカードやキャリア決済、ポチっとチャージがあります。
ポチっとチャージとは、仮想通貨やクレジットカードの残高、携帯電話の合算決済などを使わずとも、簡単に一定額をチャージすることができるサービス。

ポチっとチャージなら、保証人の用意や面倒な手続きなしで、ボタンを押すだけで簡単にチャージでき、現金かもブラックリストに登録されたかたでもOKです。
しかし、上限額は決まっているので、事前にチェックしておきましょう。

バンドルカードの現金化手順は以下のとおりです。

  1. バンドルカードのアプリをダウンロードする
  2. アカウントを作成する
  3. 「ポチっとの申し込みへ」をタップする
  4. SMS認証の手続きをとる
  5. 任意の金額を入力し、「この内容で申し込む」をタップする
  6. 現金化業者で現金化する
メディア編集部
直接バンドルカードに対応する現金化業者は多くないので、事前に対応業者をチェックしておきましょう!

WAON(ワオン)残高を現金化する

WAON(ワオン)残高を現金化する
WAONとは、イオンが提供するプリペイド電子マネーのこと。

そんなWAONを現金化する方法は、WAONの残高で特定のコンビニでAmazonギフト券を購入して買取サイトで現金化するといった方法があります。
しかし、伝えたように、すべてのコンビニでWAONを使ってAmazonギフト券を購入できるわけではありません。
ミニストップといった特定のコンビニのみとなっているので注意しましょう。

特定のコンビニで、WAONの残高を使ってAmazonギフト券を購入し、Amazonギフト券買取サイトで買い取ってもらえば、即日現金化が可能です。

メディア編集部
また、Amazonギフト券でなくても、WAONの残高が十分にあれば、換金率の高いブランド商品やゲーム機といった商品を購入して買取店舗へ持って行けば、その場で現金化することができます。

収入印紙を現金化する

収入印紙を現金化する
役所関連の手続きや運転免許証を作成・更新するときなど、収入印紙が必要になるときはたまにありますが、基本的に使うことはありませんよね。
しかし、収入印紙を買いすぎてしまった人は買いすぎてどうにかしたい、逆に、今度収入印紙が必要だからできるだけお得にゲットできれば…と、思っている人もいます。

そこでおすすめなのが、収入印紙の現金化。

じつは、税務署に行けば、書類不備などの理由で使用してしまった収入印紙のみ換金してもらうことが可能です。
ただ、税務署に行くのは面倒、遠すぎるといったかたは、収入印紙が未使用であれば、街の金券ショップで販売して現金化することもできます。

メディア編集部
また、メルカリのようなフリマアプリでも収入印紙は出品されており、基本的には使用済みですが、中には買い手がついているので、トライしてみるのも良いでしょう。ただし、即日現金化は望めません。

手形を現金化する

手形を現金化する
「手形」という言葉を知っていても、実物を見たことがない人もいれば、詳しい内容はわからない一般のかたは多いですよね。

そもそも、手形とは、一定の期間を設けて期日までに支払うことを約束して発行するものです。
「それなら小切手と同じじゃない?」と思うかもしれませんが、小切手とは異なり、取引の時点で必要な金額が手元になくても発行することができます

そのため、手形を現金化する一番簡単な方法は、支払期日(満期)まで待つこと。
支払期日に達すると、金融機関から約束の資金を受け取ることができます。

しかし、期日まで待っていられないといった場合もありますよね。
その際は、必要な書類と満期前の手形を金融機関へ持って行き、買い取ってもらえば現金化が可能です。

メディア編集部
ただし、即日現金化はできず、最短3営業日ほどで現金が手に入りますが、金融機関によってはもう少し時間を要することがあります。

auPAY残高を現金化する

auPAY残高を現金化する
とにかく今はキャッシュレスの時代。
キャッシュレスにすることでポイントを得ることもできるため、積極的に利用している人も多いでしょう。
auユーザーなら、auPAYも利用していますよね。

そんなauPAY残高を現金化する方法があるので、ステップを紹介しましょう。

メディア編集部
auPAYの残高を使った現金化は主に3つ。その方法をそれぞれ見ていきたいと思います!

auPAYを利用して郵便局で現金化?!

じつは、現在、切手もはがきもキャッシュレスで購入可能です。
しかし、auPAYを使って直接郵便局で現金化できるわけではありません。
郵便局の可能決済方法の中にはauPAYも含まれているため、auPAYの残高を利用して切手を購入して現金化ができます。

切手は、紹介したように現金化できるアイテムです。
そんな切手をauPAYで購入して現金化する方法は、以下のように超簡単なステップになっています。

  1. auPAYで切手を郵便局で購入する
  2. 購入した切手を買取業者に買い取ってもらう

ちなみに、バラで購入するよりシートで購入した方が換金率はアップするので、この点も意識してくださいね。

買取業者を利用せずとも、ネットオークションの利用も可能です。
しかし、ネットオークションの場合も買取業者と同様、落差手数料が発生することを考慮しておかなければなりません。
つまり、落札金額よりも手にする額は低くなります。

メディア編集部
また、配送(郵送)の手間・時間がかかることも忘れてはいけません。

auPAYで商品を購入して現金化する

次に紹介するnanaco や他の電子マネーの現金化とは異なり、auPAYはQRコード決済のため、基本的にネット利用はできません。

しかし、同じauのネットモールである「au PAYマーケット」は別で、auPAY残高を利用しての買い物がOK。

決済方法で「au PAY 残高」を選択するだけです。
auPAYプリペイドカードを持っている場合、「クレジットカード決済」からの支払いもできます。

auPAYはもちろん、auPAYプリペイドカードを持っている方の場合、実店舗での購入も可能。
貴金属類や高級家電品、ゲーム機本体といった換金率の高い商品を狙うと、換金率はアップする可能性も大です。

ちなみに、どこかのお店へ行ってauPAYで商品を購入し、購入した商品を返金してもらおうと思っている人もいますよね。
auPAYの場合、返品に対する返金は厄介。
商品をキャンセル・返品しても、au PAY残高(au WALLET 残高)は購入前の状態に戻るだけ。
現金化することはできないのです。

しかも、au AY 利用履歴に応じて、返金のタイミングや遅延の判定が異なります。

メディア編集部
申請から最大45日程度で返金になることもあれば、キャンセルしてから7~10日程度以内に残高が戻ることもあります。

nanaco(ナナコ)を現金化する

nanaco(ナナコ)を現金化する
セブンイレブンやイトーヨーカドーのヘビーユーザーのかたなどは、以前からnanacoを持ち、キャッシュレスでお得にショッピングしている人は少なくありませんよね。
現金に困ったとき、「nanacoを使って現金化できれば…」と、考えたことはありませんか。

もともとは現金チャージで使えたnanacoですが、現在ではオートチャージも可能。
オートチャージを利用しているかたなら、nanacoがオートチャージされたときを見計らってAmazonギフト券を購入します。
購入したAmazonギフト券を買取サイトへ買取を依頼すれば、現金化が可能。
Nanacoにオートチャージされた金額はクレジットカードにチャージされるため、支払いは翌月払いとなり、クレジットカード現金化ができるというわけです。

また、nanacoで購入した商品をお店に返品して現金を得ることができます。
「え、nanacoに返金されるんじゃないの?」と思われましたよね。
しかし、基本的に、nanacoで購入した商品を返品した際には、nanacoへ返金されることはなく、利用した店舗から現金で返金されるのです。

メディア編集部
これなら、Amazonギフト券を購入するより簡単で手間いらずですが、場合によって返品ができないこともありますし、何度も同じことをしていると怪しまれてしまうといったデメリットがあります。

そして、nanacoの残高やオートチャージを利用した現金化ではない方法を知りたい人も多いはず。
nanacoの残高を現金で引き出すことは基本的にはできませんから、nanacoポイントを何とか現金化したいなといった考えに行きつきますよね。

こうして貯まったnanacoポイントを、以下の流れで電子マネーに換えましょう。

  1. nanacoアプリで「ポイント→マネー交換」をタップする
  2. 「ポイントをマネーに交換する」をタップする
  3. パスワードを入力する
  4. ポイント残高が表示後「次へ」をタップし、交換したいポイントを入力し、タップする
  5. 入力内容を確認して問題なければ「マネー交換する」をタップする

電子マネーになったnanacoポイントで、航空会社のマイルなどに交換もできます。
しかし、現金化したい場合は、セブンイレブンで電子マネーを使ってAmazonギフト券といったデジタルギフト券を購入して、買取サイトを使って現金化するのがおすすめ。

メディア編集部
手間はかかるように聞こえるかもしれませんが、Amazonギフト券の買取は最短10~15分程度で完了するだけでなく、ネット申し込みができるので、そんなに手間はかかりませんよ。

LINEPay(ラインペイ)の残高を現金化する

LINEPay(ラインペイ)の残高を現金化する
LINEPayの残高を現金化するには、本人確認の手続きを済ませてアカウントのタイプを変更しておく必要があります。

アカウントタイプを変更するには、「設定」から「アカウント」をタップすればOK。
最初は「LINE Cash」になっており、そのままだと残高の現金化はできません。
また、本人確認をする必要があるため、顔写真付きの身分証明書も用意しておきましょう。

メディア編集部
それでは、LINEPayの残高を現金化する方法をチェックしていきますよ!
  1. LINE Payのメインメニュー「設定」から「出金」をタップする
  2. 出金先の口座をタップ、または「新規口座の登録」から新規登録する
  3. 出金金額を入力して「出金」をタップする
  4. LINE Payパスワードを入力する

以上の手続きが完了すれば、24時間以内に指定の金融機関口座へ入金されますが、1日の出金限度額は10万円となっていますので注意しましょう。

また、セブン銀行ATMとスマホを使用した現金化についても紹介したいと思います。

  1. 【スマホ】LINE Payメインメニューの「設定」から「出金」、「セブン銀行ATM」をタップするORセブン銀行のATMから[出金]をタップする
  2. セブン銀行のATM「スマートフォン出金⋅入金」を選択する
  3. セブン銀行のATM画面に出たQRコードをスマホで読み取り、LINE Payパスワードを入力する
  4. スマホに企業番号とワンタイムパスワードが表示される
  5. セブン銀行ATM画面に企業番号とワンタイムパスワードを入力する
  6. セブン銀行ATMにて出金額を入力する
メディア編集部
セブン銀行ATMとスマホを使用した現金化では、1日の出金限度額は1万円となっており、いずれの方法も手数料が発生することを考慮しておきましょう。

マイルを現金化する

マイルを現金化する
日本であれば、ANAやJAL、それに、海外を拠点としているかたであれば、その他の航空会社のマイルを所持している人は多いですが、このマイルを直接現金することはできません。

しかし、たまったマイルを現金化する方法としてはいくつかあるのですが、JALやANAを例にとると、どちらの航空会社もAmazonギフト券をマイルと引き換えに交換が可能です。
ここでAmazonギフト券をゲットして、買取サイトにマイルと引き換えにしたAmazonギフト券を買い取ってもらえばすぐに現金を得ることができます。

ところが、航空会社にAmazonギフト券の申し込みをしてからから商品が届くまでには1週間から10日ほど待たなければいけないことも念頭に入れておきましょう。
それから買取サイトを利用するので、即日現金化は不可能。
そのため、すぐにでも現金が欲しいかたには向いていない方法です。

また、もうひとつマイルを使った方法として、貯まったマイルで国内線の航空券を購入し、知人に売って現金化することもできます。
国内線の場合、国際線のようにパスポートチェックもなければ、氏名や年齢を確認することもありません。

年齢はチケットに記載されているので、同じくらいの年齢の人に少しだけ定価より安くマイルチケットを代わりに(あなたの名前で)購入してあげ、チケットを使ってもらえばOK。

メディア編集部
1度うまくいけば、何度も利用したいと言ってくる可能性も高いです。

PayPal(ペイパル)残高を現金化する

PayPal(ペイパル)残高を現金化する
オンライン決済サービスであるPayPalを利用したものの、既に利用しなくなった、しかし、残高があるといった人は多いはずです。

メディア編集部
そんなPayPaの残高も現金化することができるので、手順は以下のような流れになっています。
  1. 「ウォレット」を開く
  2. 「資金の移動」、「出金する」をクリックする
  3. 資金の移動元の残高を選び、「次へ」をクリックする
  4. 資金の移動先の銀行口座を選び、「次へ」をクリックする
  5. 移動する金額を入力し、「次へ」をクリックする
  6. 案内に従い手続きを進める

ただし、即日現金化はできません。上記の手続きをしてから3〜6営業日で指定した金融機関の口座へ残高が振り込まれます。

また、注意点として引き出し額が5万円未満の場合、手数料が発生するので気をつけましょう。

dポイントを現金化する

dポイントを現金化する
docomoユーザーだけでなく、誰でも今はdポイントを貯められるようになりました。
このdポイントをどうにかしてお金に換えられれば…と思ったことがある方も多いはず。
dポイントを現金化する方法があるのです!

メディア編集部
ただし、dポイントを直接現金化する方法は今現在ないので、以下の2つの方法を紹介しましょう。
  • iDキャッシュバックとして還元し、キャッシュレス決済に使う
  • 日興フロッギー(SMBC日興証券)経由で現金化する

それぞれの利用法を紹介していきましょう。

iDキャッシュバックとして還元し、キャッシュレス決済に使う

この方法を利用するには、ドコモが発行するdカードというクレジットカードが必要です。
このクレカにたまったdポイントを「iDキャッシュバック」に交換するといった流れ。

メディア編集部
ちなみに、iDキャッシュバックは電子マネーのiDとしてショッピングの際に、自動的に利用されるクーポン的なものです。

厳密にいうと現金化ではないのですが、たまったポイントをキャッシュレス決済として利用することができます。

日興フロッギー(SMBC日興証券)経由で現金化する

もうひとつのdポイントを使った現金化の方法は、SMBC日興証券の口座がある人、もしくは作りたいと思っている人必見の方法。

様々な方法がありますが、現金化したいdポイントを使い、「国内債券ETF」を購入して翌日に売却するのが最もわかりやすいです。
国内債券ETFとは、債券に対して投資をしている投資信託で、値動きの幅が小さいのでそれを購入して、売却すれば、多少の利益になります。

メディア編集部
いずれもクレジットカード現金化ではないといった点も、安心して利用できますよね。

レシートを現金化する

レシートを現金化する
お店で商品を購入してレシートをもらわない人、もらってもすぐ捨ててしまう人がほとんどではないでしょうか。しかし、中にはレシートをとりあえずもらっておいて、そのままバッグや財布の中で眠っている人は少なくありませんし、家計簿につけようとしつつ、そのままの人もいますよね。

このいつも無意識にもらってしまうレシートがお金にかわると聞いたら、今までのようにレシートをないがしろにすることはできないはず。
そう、じつはレシートを現金化する方法があるのです。

利用方法は、レシート現金化アプリONEを使うだけ。
レシート現金化アプリONEを使えば、一日5枚まで、どんなレシートでも最大10円/枚で買取可能です。
毎日利用アプリをして現金化すれば1か月最低1,500円稼げることになるだけでなく、企業とのタイアップによる画像買取りやアンケートもあるので、参加すればさらに多くの収入が望め、現金化することができます。

しかも、クレジットカード現金化のように規約に反する行為ではないため、安心してガッツリポイントを集めて現金化があるのも注目ポイント。

メディア編集部
もちろん、アプリのダウンロード・利用は無料ですが、金融機関の口座が必要になり、登録時に口座情報の入力がマストとなりますので準備しておきましょう!

おすすめの現金化ではありますが、レシートの現金化は、大金を必要にする人、そして、即日現金化を望むかたには残念ながら向いていません。
あくまでも、お小遣い稼ぎ的なスタンスで利用する人におすすめする現金化の方法となっています。

つまり、本気で現金が欲しい人にはあまりおすすめできない方法です。

現金化するなら自分に合った現金化方法を選ぼう!

この記事では、クレジットカード現金化をはじめとする、様々な現金化の方法を紹介してきました。
あなたに見合った現金化の方法が見つけられたのではないでしょうか。

いわゆるクレジットカード現金化を利用した現金化もいくつかありましたが、カード規約に違反せずとも利用できる現金化の方法も、この記事で理解していただけましたよね。
クレジットカード現金化は、カード規約に反する行為ですが、ここで紹介した方法は、クレジットカードを使っていない現金化も盛りだくさん。

クレジットカード現金化は怖いけど、現金化はしたいといったかたも、合法でできる現金化はこの記事でいくつも紹介しているので、ぜひ利用してください。

メディア編集部
今現在、あなたが持っている「価値のあるもの」を現金化して、すぐに現金を手に入れることができますよ!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事の執筆者

橘 かりんのアバター 橘 かりん メディア編集部

「クレジットカード現金化ホントの話」のメディア編集部、橘かりんです。ホントの話ではこれまで様々な現金化を実際に経験してきました。クレカ現金化のことなら全て知っているので、騙されたくないあなたに最新で嘘のないのホントの話を発信していきます。

おすすめクレジットカード現金化業者

最大換金率99.5%
GENKINKA ITORI
無料見積もりはこちら
※クレジットカード以外使用不可
目次