編集部おすすめ現金化業者

タイムリー

即日対応!業界NO.1
タイムリー公式はこちら
クレジットカード以外は使用不可
簡単!早い!高換金率!
\おすすめ現金化業者TOP3/
ブリッジ 審査不要
即日振込
最短5分 詳細を見る
タイムリー 最短5分の超スピード対応
年中無休
総合第1位 詳細を見る
いますぐクレジット" 最大99.5%
カード事故0
最短3分 詳細を見る
※クレジットカード以外のご利用はできません
クレジットカード現金化 家族名義
クレジットカード現金化をしたいけれど、自分名義のカードを持っていない…
いつも家族のクレジットカードを一緒に使っているから現金化しても問題ないかな?

そんなことを考えて、家族名義のクレジットカードを現金化したいという人もいるかもしれません。

しかし、家族名義のクレジットカードを現金化するとさまざまなリスクやトラブルに発展する可能性あります。

この記事では、

などなど、わかりやすく解説していきます。

メディア編集部
これから家族名義のクレジットカードを現金化しようと考えている人は、この記事を最後まで読んでおくことをおすすめします。
目次

家族名義のクレジットカードは基本的に現金化NG!その理由3つ

クレジットカード現金化業者では、基本的に本人名義のクレジットカードの利用を条件としていて、家族名義のカード利用は禁止しています。

その理由について、以下にまとめました。

それぞれ、見ていきましょう。

クレジットカードの貸し借りが禁止されている

クレジットカード発行時には、カード会社の規約に同意したとみなさされ、禁止行為を行うとペナルティを受ける可能性があります。

また、本人名義以外のクレジットカードを使用しているのが分かっていながらサービスを提供してしまうと、店側も禁止行為を手助けしていることになります。

カード会社の規約では、たとえ家族同士であっても自分以外の名義のクレジットカードの貸し借りをすることは禁止されています。

クレジットカード現金化もカード会社の規約違反だという考え方もありますが、現金化業者では商品買取方式やキャッシュバック方式という商品売買の実態のある取引を行っているので、優良業者を利用した場合はカード会社からは禁止行為をしたと疑われることはありません。

メディア編集部
しかし、家族名義のカードの貸し借りをして使用することはれっきとした禁止行為であり、そのようなリスクの高い行為を、業者側も容認するわけにはいかないのです。

家族名義のカードを現金化することでトラブルの可能性がある

家族間であればクレジットカードの貸し借りをしても不思議ではない、同じ家族だから不正利用の心配もなく安心、と思われるかもしれません。

しかし、いくら本人が「家族から了承を得ているから大丈夫」と主張していたとしても、実際には家族の了承を得ずにクレジットカードを借りて申し込んでいる可能性があります。

申込者の言葉を鵜呑みにして現金化サービスを提供してしまうと、後で実は了承を得ていなかったというケースもあり、家族間でのトラブルに発展するだけではなく、現金化業者側が責任を問われることもあります。

家族から了承を得ているかどうかは本人の言い分のみを信用しなければならないため、現金化業者では審議を判断することができません。

申込者が家族に黙って家族名義のクレジットカードで現金化をすると、後から必ず名義人である家族に支払い請求が来てバレてしまいます。

そのようなトラブルを避けるためにも、現金化業者ではたとえ家族であっても本人名義以外での申し込みを受け付けるわけにはいかないのです。

本人確認を行うことができない

クレジットカード現金化業者では、初回利用時には必ず本人確認を行います。

身分証明書の提示を求め、クレジットカードの情報と照らし合わせ申込者と一致していることを確認します。これは、クレジットカードの不正利用を防ぐために必要なことです。

もしも、名義が申込者と一致しなければ赤の他人がクレジットカードを不正利用しようとしている可能性があるため、サービスを提供するわけにはいきません。

確かに、家族であれば名字や住所は同じであるため不正利用である可能性は低いとも考えることはできます。

しかし、申込者とクレジットカードの名義が一致しなければ、必ずしも不正利用ではないとは言い切れません。

これを認めてしまうと、不正利用をしようとする悪質な利用者が増えてしまい非常に危険です。

メディア編集部
利用者の安全を守るためにも、クレジットカード現金化業者ではたとえ家族名義であっても、申込者本人以外の名義のカードでは利用を認めていないのです。

「家族名義」と「家族カード」の違いについて

「家族名義」のクレジットカードでの申し込みは不可でも、「家族カード」であれば現金化が可能だという現金化業者もあります。

名称はよく似ているけれど実は全く異なる「家族名義」のカードと「家族カード」の違いについて説明します。

家族名義のカード

名義人はカードを契約している家族です。
自分ではない家族が発行したクレジットカードであり、カードにもあなたではなく家族の名前が記載されています。カードの支払い請求も、名義人である家族が受けることになります。

基本的に名義人以外が使用することはできません。サイン不要で決済が可能な店舗やオンラインショッピングなどでは、家族名義のカードを借りて使用することができる場合もあります。

しかし、高額の商品を店舗で購入する場合にはサインを求められることもあり、いつでも確実に使える方法ではありません。

もし家族からクレジットカードを借りて決済をしたものの、自分と名義が異なることが発覚した場合は、不正利用を疑われて取り調べを受ける可能性があります。

また、カード会社では家族であってもカードの貸し借りは禁止行為としているため、ペナルティを受けることもあります。

家族カード

家族カードはあなたが名義人となります。
クレジットカードに記載されている名前も自分のもので、普段のショッピングや支払いで問題なく利用することができます。

通常のクレジットカードとの違いは、本カードをまず家族の誰かが発行していることが前提で、家族が追加で同じカードを自分名義で発行する形となる点です。

支払い請求は本カードの名義人が受けるため、家族カードは収入のない主婦でも発行することができるのがメリットです。

生計を共にしている家族が、普段の生活で別々の場所でクレジットカードを使うことができ、支払いを一緒に管理することができます。

家族カードは他人名義のクレジットカードではないので、店舗やオンラインショッピングで決済に使用しても問題ありません。

ただし、クレジットカード現金化業者では支払い請求を受けるのが申込者本人ではなく、本人に返済能力がないことも考えられるため家族カードでの申し込みは不可としているところも多いです。
メディア編集部
中には、家族カードでの現金化もOKとしている現金化業者もあるので、絶対に無理というわけではありません。

他人名義のクレジットカード現金化ももちろんNG

家族から了承を得て、家族名義のクレジットカードを現金化することは基本的に不可とされていますが、家族以外の全く関係ない他人の名義のクレジットカードを現金化することは、もちろん絶対にしてはいけません。

カードを他人に貸す行為は、カード会社の規約違反となり利用停止や強制解約の処分を受けることがありますが、他人のカードを借りて現金化することは不正利用となり、詐欺罪などの刑事責任を問われることになります。

クレジットカード現金化業者では本人確認が行われるため、簡単に他人名義のカードを利用することはまずできませんが、たとえ不正な手段で現金化できたとしても、利用した分の請求は名義人が受けることになります。

名義人本人に身に覚えのない請求があった場合、不正利用として通報されると逮捕される可能性があります。

メディア編集部
他人名義のクレジットカードを現金化することは犯罪行為となるので、友人同士などの貸し借りをすることも絶対にやめましょう。

家族名義のクレジットカードでも即日現金化をする2つの方法

ここまで解説してきて、「家族名義のカード現金化はちょっと厳しいかな…」と思われる方も多いかと思います。

しかし、家族名義のカードでも現金化する方法は実はあります。以下にまとめました。

1つずつ、解説していきましょう。

家族名義のクレジットカードでも利用可能な現金化業者を利用する

基本的に、クレジットカード現金化業者では家族であっても、申込者本人の名義でないカードは利用することができません。

ただ、クレジットカード現金化業者の中には家族の了承を得ていることを条件として、申し込みを受け付けているところもあります。

自分名義のクレジットカードを持っていないけれど、どうしても現金化をしなければならない場合は、まずはそのような家族名義のカードの利用を認めている現金化業者を探す必要があります。

そのような業者を利用する場合でも、必ず家族に現金化をすることを説明し、確実に承諾を得てから申し込みをしなければなりません。

いくら家族名義のカードの現金化ができる業者であっても、了承を得ないまま利用したことがわかった場合は警察に通報する、というルールがあります。

メディア編集部
また、家族名義のカード利用を認めている現金化業者は危険な業者が多い傾向にあります。トラブルの可能性もあるので避けた方が無難です。

家族にクレジットカード現金化の申し込みをしてもらう

たとえ家族であっても、本人名義ではないクレジットカードの現金化にはリスクがあり、現金化業者としては了承するわけにはいかないというのが一般的です。

もし家族が、クレジットカードを貸すことと現金化をすることを了承しているというなら、家族本人に頼んでクレジットカード現金化業者に申し込みをしてもらった方が、禁止行為にもあたりません。

ただ、家族に本人確認を義務付けられたり、手続きなどの手間がかかります。

よほど理解があり納得してくれる家族でなければ、引き受けてもらうことは難しいでしょう。

メディア編集部
それくらい理解があり気心が知れた関係ならば、クレジットカード現金化業者を利用するよりも直接お金を貸してもらう方が安全で、トラブルの心配がないともいえます。

家族名義のクレジットカードを現金化する際に注意しておきたいこと

家族名義でクレジットカード現金化をするという場合には、気をつけなければならないことがいくつかあります。

どうしてもという場合には、必ず以下の注意点を確認しておきましょう。

無断でカードを利用することは絶対しない

家族名義のクレジットカードを現金化できる業者も中にはあるので、申し込みは可能です。

しかし、必ず家族の了承を得てから申し込むことを条件としていて、条件を守らずに不正に利用した場合は警察に通報される、ということがあります。

「家族だから大丈夫だろう」「急いでいるから後から説明しておこう」と家族の了承を得ないまま現金化をしてしまうと、後々大きなトラブルに発展する可能性があります。

メディア編集部
黙ってクレジットカードを使うことは、たとえ家族という近い間柄であっても信頼関係を損なうことにつながります。無断でクレジットカードを借りて現金化することは絶対に避け、必ず事前に相談し了承を得るようにしてください。

家族カードでは本契約者もカード会社から処分を受ける可能性がある

家族カードは現金化可能な業者が多いですが、場合によっては本契約者もペナルティを受ける可能性があります。

家族カードは本契約者がいて初めて発行されるクレジットカードです。
そのため、家族カードの現金化が発覚した場合、本契約者のクレジットカードも同時に利用停止や強制解約といった処分がなされるリスクがあります。

メディア編集部
通常クレジットカード現金化業者では安全性の高いサービスを提供しているため、カードが利用停止になるという事例はほとんどありませんが、バレた場合は本契約者をはじめ、家族カードを持つ全員に迷惑が掛かる可能性があることを頭に入れておきましょう。

家族名義のクレジットカード現金化でよくあるQ&A

家族名義のクレジットカードで申し込むと現金化業者にバレますか?
クレジットカード現金化業者では身分証明書による本人確認を行っているので、名義人と申込者が一致しないことはすぐにわかります。 場合によっては不正利用として警察に通報されてしまうことがあります。
家族名義のクレジットカードで現金化できる業者はどこですか?
クレジットカード現金化業者の公式サイトの情報を確認するか、業者に電話やメールなどで問い合わせて対応可能か確認してください。 ただ、対応している業者はかなり少ないです。
普段家族のクレジットカードを一緒に使っていますが、それでも現金化はできないのですか?
本人名義のクレジットカード以外は利用不可としている現金化業者では、家族の了承を得ていても利用できません。 家族名義のカードで現金化できる業者であっても、必ず事前に了承を得ることが条件となっています。
自分名義のクレジットカードがありません。家族名義のカードを借りる以外に現金化を用意する方法はありますか?
現金化以外に、家族に現金を貸してもらえないか相談をしたり、不用品を売却するなどの方法も検討してみてください。
家族名義のクレジットカードを現金化したら即通報されるって本当ですか?
家族の了承を得ずに無断でカードを借りて現金化した場合は、不正利用とみなされ業者が警察に通報する可能性があります。 また、了承を得ていてもカード会社にバレた場合には利用停止などのペナルティを受けるリスクがあります。
業者から家族カードの現金化は不可と言われました。家族名義のカードを利用した方がいいですか?
家族カードの現金化に対応している現金化業者もあります。 家族名義のカードの現金化に対応している業者はかなり少なく、安全性も低いのであまりおすすめできません。
家族名義のカードを現金化することはどんな危険がありますか?
現金化業者によっては計算に通報されることがあり、カード会社にバレると名義人が利用停止・強制退会となることがあります。

家族名義のクレジットカード現金化は可能か?についてまとめ

クレジットカード現金化業者では、家族名義であっても自分の名義ではないカードを利用することを禁止していることが多いです。

そのような業者で名義人本人のフリをして現金化をしようとしても、本人確認で必ずバレてしまうのでどうしても家族名義のカードを利用したいのであれば、最初から利用可能な現金化業者を利用する必要があります。

ただ、カード会社ではたとえ家族間であってもクレジットカード貸し借りは規約に違反する禁止行為としています。

そのため、よほどの事情がなければ家族名義のクレジットカードの現金化をすることは避けた方がいいです。

家族名義のカードと一見似ているものに家族カードがありますが、こちらは業者によっては現金化をすることが可能です。家族カードは自分の名義のカードなので問題なく現金化することができます。

家族名義のカードを現金化することを検討している場合は、この記事で説明したリスクを十分に理解し、家族の了承を必ず得ておくことが必要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事の執筆者

橘 かりんのアバター 橘 かりん メディア編集部

「クレジットカード現金化ホントの話」のメディア編集部、橘かりんです。ホントの話ではこれまで様々な現金化を実際に経験してきました。クレカ現金化のことなら全て知っているので、騙されたくないあなたに最新で嘘のないのホントの話を発信していきます。

おすすめクレジットカード現金化業者

最大換金率99.5%
GENKINKA ITORI
無料見積もりはこちら
※クレジットカード以外使用不可
目次